最近は男女の区別なく仕事の募集をしなければいけません。

時給の高さで仕事を選ぶ事。

年末から年始にかけて時給の高い巫女の仕事

最近は男女の区別なく仕事の募集をしなければいけません。看護師、保育士などは以前は女性の仕事でしたが現在は男性も資格を取れます。女性のみの募集はできません。女性のみの募集ができるのは女優などの女性しかできない仕事とされています。さらには伝統的に女性しかしていない業務なども女性のみの募集が行なわれます。この場合は男性がいくらしたいと考えてもすることはできません。年末から年始にかけて女性のみ募集が行なわれる仕事があります。

それが神社の巫女の仕事です。各神社では年始から初詣の参拝客をさばく必要があります。このときにおみくじやお守り、破魔矢などを販売します。そのほか神社での業務のサポートをしていきます。仕事内容は決して難しいわけではないですが時給は高めに設定されています。注意したいこととしては、寒いところで薄い服装で仕事をすることです。

巫女の場合は神社ごとにそれぞれ服装が決められています。下にもあまり着込むことができないのでかなり寒い場合があります。足元にはストーブなどがあるでしょうがそれなりに寒さに耐える必要があります。イメージが大事なのであまり派手な髪型などだと仕事ができない場合があります。一度行なうと次の年も採用されやすいとされます。