少子化なので教育産業はどんどん下火になるといわれていました。

時給の高さで仕事を選ぶ事。

アルバイトの時給の割がいい塾講師

少子化なので教育産業はどんどん下火になるといわれていました。高卒の学生をメインに行なっている予備校などは経営が厳しいところもあるようです。一方で少子化なのにどんどん利用者が増えているような教育施設もあります。それが小学生、中学生を対象にした塾です。今は私立中学が多く設立され、多くの小学生が私立中学に進学するようになっています。子どもの数は減っても利用する生徒が増えたために塾の需要は多くなっています。

学生がアルバイトをするのに割がいいのが塾講師とされています。時給がよく、仕事も学生にはぴったりです。1日仕事をすることは少なく、学校が終わったころに教室に行き子供達に授業を行ないます。子供達の生活に合わせた仕事ができます。最近の塾としては個別指導塾が登場していて、各教室では先生の確保が必要になっています。

将来先生などの教育者を目指す人はより向いている仕事です。先生にならなくても、人に教えることを経験するのはいいことです。入った当初は基本的な金額になりますが、経験をするようになると徐々に上げてもらえます。授業だけでなく、進路相談などの仕事もできるようになるとその分上げてもらえるのでやりがいをもつことができます。