時給、という働き方があります。

時給の高さで仕事を選ぶ事。

時給というのは意外と

時給、という働き方があります。要するに一時間でいくら、という約束で働くわけです。残業をすれば、プラスになりますが、逆に早く終わった場合はそれだけ稼ぐことが出来る金額が少なくなります。これが時給制での働き方であるといえます。正規雇用ではそうではないですが、時給換算していることはあります。それは何故かといいますと残業代があるからです。さらに休日に出勤した場合など何パーセントかプラスして支払う必要性がある場合があります。その為、しっかりと一時間いくらなのか、ということは知っておく必要があります。計算しておく必要性があるわけですが、正規雇用の人はそこまで気にしていないことが多いです。何しろ、あくまで月給で貰い、また、労働時間はそこまで気にしていないことが殆どだからです。

大抵の場合、時給での仕事はアルバイトになります。或いは実は派遣もそうした形態で働いています。派遣社員はかなり高い時給であることが多いです。その為、残業代がしっかりと出ることが殆どです。一時間にいくら、ということをしっかりと把握して、労働をすることは基本的には良いことです。但し、高い時給はよいですが、あまり意識しすぎて無駄に残業をしないようにする必要はあります。